20181111

 

 このブログを始めた当初は、日記を投稿することはしないでおこうと思っていたのだけれど、それだと更新をしなくなってしまうのでこれから投稿しようと思う。

 まだまだ文章や記事を書くことに未熟な私は、とにかく数をこなすことが、今は大事だと思うから。文章を書くことを仕事にするつもりは今のところないけれど、ただ漠然とうまく書けるようになりたいと思っている。読むのが好きだから。いまいち訳が分からないけれど。

 


 一つのことに一喜一憂することがどれだけ小さいことか。
 私の環境は一つじゃない。数多くある。どれもが私をつくる要素であることを忘れない。

 

 今日の夜、今彼と元彼と私が同時に会する場面があった。その時はすごくびっくりしたけれど、ここでそのことに気づいた。どちらの二人ともとの関係は、私が属していた居場所であった。自分の居場所が同時に二つあるその場面は居心地が悪かったのだけど、私にはいろんな居場所があったのを思い出した。

 

 最近、今彼とうまくいかないことが多かった。ぶつかって嫌な気持ちになるたびに落ち込んでいたのだけれど、他の居場所で気持ちを切り替える方法を思い出させてくれた出来事になった。

 

 

***************************************

 

 今彼元彼と顔合わせ事件のあと、久しぶりに眩暈サイレンを聴いた。

 ジェンガという曲の歌詞で、

 

「面倒だからしがみつくの辞めた

 本当の望みを諦めがそぎ落とす 

 自分と呼べるものは残っているか?」

 

という部分があって、ひっかかった。今日のこの文章はこの歌詞がきっかけだった。

 諦める・期待しないようにすることで自分を守る、っていうのをこれまでしてきたと思う。それによって、自分がないのは結果として当然なのだと思う。

 

 MVやライブの時に流れる映像だけではなくって、本当に音楽がかっこいい良いバンドだと改めて気づいた。こういう夜は素敵であった。うじうじ元彼との事ばかり考えなくて良かった。生産的なことをした。自分にとって本当に良い時間だったと思う。


 人に会い、関わり、話・会話をしていくことで、ふさぎがちだった心がほぐれていく。そういう場があって、私は本当に恵まれているのだと思うと同時に、これまで
なんとか頑張ってやってこれたのだと思うと、それだけは自信になるといえる。

 

 それこそ今彼とうまくいかないことで落ち込んでふさぎがちだったと思うけれど、なんかここから頑張れそうな気がした。